イメージ画像

自動車保険の見直し
FPに無料相談して見積もりを!

【自動車保険の見直しは口コミを見てから見積もりを!】

ほけんの窓口では、生命保険だけでなく自動車保険など損害保険を取り扱ってます。何度でも無料で相談出来ますので気軽に申し込みください。

公式サイト⇒ほけんの窓口 a

自動車保険相談についての最新記事を毎日更新してます最新記事情報


月別におすすめの保険相談サービスを紹介しています。月別おすすめ保険相談サービス


保険相談サービス比較

保険ショップ名 展開地域 店舗数 詳細
FP訪問
保険マンモス
全国 全国各地へ訪問 何度でも相談は無料
口コミ詳細
保険ショップ
ほけんの窓口 a
全国 500店舗以上 何度でも相談は無料
口コミ詳細
保険ショップ
保険見直し本舗
全国 202店舗 相談は無料
FP訪問
保険1番 a
全国 全国各地へ訪問 相談は無料
FP訪問
【あなたのFP】 a
全国 全国各地へ訪問 相談は無料
FP訪問
【保険プレミアム】 a
北海道限定 北海道内で訪問 相談は無料
FP訪問
『保険の優等生』
全国 全国各地へ訪問 相談は無料
保険ショップ検索
【ほけんの相談Ch】 a
全国 500店舗 みつばちほけん
保険クリニック
保険ほっとラインなど
FP訪問
【保険ポイント.com】 a
全国 全国各地へ訪問 相談は無料

自動車保険の見直しなら

自動車保険で年間に幾ら支払っていますか?中には数十万円を支払い続けている方もいるでしょう。保険の補償内容や料金が適正であるか自覚していれば良いのですが、代理店に任せきりで更新を続けているような方は注意が必要です。無駄な保険料を支払っている可能性があるので、保険を見直して節約に繋げましょう。ここでは自動車保険の見直しポイントをご説明いたします。


まずは運転する人が決まっている場合、運転者の範囲を限定して適切な条件や特約を設定しましょう。これにより保険料を抑えることが可能です。限定条件なしから始まり、家族のみ、夫婦のみ、本人のみと、運転者限定条件を厳しくすることで保険料は安くなります。


そして、車の使用状況を振り返ってください。もし、週末にしか使用しないなど、走行距離が限られているような場合は、リスク細分型の保険を選択することで保険料を割安にできる可能性があります。あまり運転をされないようでしたら、年間走行距離による割引がある保険会社が断然有利となります。


また、年齢条件の区分も見直しのポイントです。「35歳以上限定」といった条件と自分の年齢が丁度重なれば、見直しをかけるいいタイミングとも言えます。特に30代になる方は年齢区分による恩恵を受け始めるタイミングですので、是非、年齢条件を設けている保険を検討してみましょう。


以上、自動車保険を安く抑えるポイントを説明しましたが、これらの条件を満たしている方も含め、「保険の一括見積もり」をしましょう。運転免許証や車検証、加入中の自動車保険の証券を用意してのぞみましょう。保険料の計算は会社毎に異なるので、同じ条件で現在より安い保険会社が見つかる可能性は十分にあります。ただし、表面的な料金に惑わされないで落とし穴がないかしっかり確認しましょう。


最後に。支払う保険料の節約に囚われて肝心の補償内容が不足しないように気を付けてください。特に対人では損害賠償請求額が高額になっている傾向もありますので、こういった部分は「無制限」の補償にするなど、万が一のことを第一に考えましょう。

自動車保険の見直しをしてみませんか?

自動車保険は毎年見直しをかけた方が良いなんて声もあり、中には年間5万円が節約できたなんて話もあります。年齢条件や家族の運転状況などが変わり、見直しをしたほうが良いと思っていても、実際に使用状況や年齢にぴったり合った保険を自分で探すのは難しいという方も多いでしょう。


インターネットサイトでは保険料の一括見積もりサイトなどがありますが、パソコンからの細かい入力が面倒、対面式でないとどうしても不安や疑問が払拭できないということもあるかと思います。


そんな時は自動車保険の代理店に訪問もしくは電話して見直ししてみましょう。専門スタッフによるきめ細やかな説明により、不明点が解決可能です。


保険を見直そうと思うと、年齢条件や走行条件によって保険料を安くすることが第一になってしまいがちです。あくまで自動車保険は事故時のロードサービスや賠償金額の補償がきちんとなされることが一番大切なことです。


一括見積もりで安易に安い保険料のものに決めると、思わぬ落とし穴にはまることもありますので、疑問を都度質問することができる対面式はやはり安心です。保険担当者も、自己対応時に相談する一種のパートナーですので、安心、信頼できる方を通して契約したいものです。


専門スタッフに相談することには一長一短があります。まずは何と言ってもこちらのニーズに適った提案をしてくれる点です。ライフスタイルにマッチした保険を提案してくれるというものです。


インターネットの入力フォームではすくいきれない点を考慮した提案は、対面式ならではのメリットと言えるでしょう。ただし、保険代理店はお薦めできる商品が限定されているという側面も少なからずありますので、その点については注意が必要と言えます。


保証内容や割引適用の条件が同一でも、他の会社の商品の方が安いということも十分にありえる話です。複数のお店に相談して、一番ニーズに適い、かつ料金的にも満足のいく保険を選ぶのが賢明でしょう。また、保険証券が必要となるので、お店を訪れる際には、忘れずに持参して訪問するようにしましょう。

賢い保険の乗り換えをしたい!どうすればいいの?

保険の乗り換えを考える機会というのは、どんなときでしょうか? それはやはり、人生の転換期、ライフスタイルの大きな変化が訪れたときでしょう。


たとえば、結婚したら、夫と自分に何かあったときのために、どんな保険を契約したらいいか考え、子供が生まれたら、この子の将来のためにどんな保障が必要なのだろうか、と考え、また、病気になってから、これからの保険について考え直す人も多いと思います。


そもそも、「保険の乗り換え」というのは、「今現在、契約している保険を解約して、新しい保険を契約すること」です。解約するということは、今まで支払っていて保険料は、「解約返戻金」として返金されますが、今まで支払ってきた総額が戻ってくるわけではありません。


したがって、新たに契約を結ぶ場合はこの「損」を差し引いても将来的には得をするものを選びたいものです。 また、既存の保険を契約したときとは年齢、結構状態が異なれば、場合によっては保険料が現在より高くなる場合もあります。「乗り換え」によって保険料を浮かせるつもりが、さらに高くなってしまった、というパターンもあります。


このようなことにならないためには、どんな保険選びをし、乗り換えをスムーズに行うべきなのでしょうか? 答えは簡単、「プロのアドバイスを聞くこと」です。


現在、自社の商品のみ勧誘する保険会社以外に、プロのファイナンシャルプランナーに相談することによって、その人に合った保険選びを提案するサービスを行っている会社が数多く存在します。


そのようなサービスを利用し、賢い保険プランを契約することをおすすめします。


特に、「保険の乗り換え」は正しい知識がないまま行うと、旧契約の保険と新規契約の保険、両方の保険料が同月中に引き落とされてしまったり、乗り換えのタイミングが悪く、無保険状態になってしまったりすることもあります。


「本当に今が乗り換えどきか」

「乗り換えた場合の方がどれだけ将来的に得なのか」

「解約手続き、契約手続きはどんなタイミングですればいいか」 そのようなポイントをファイナンシャルプランナーに相談し、より良い保険へ乗り換えましょう。

自分の人生を把握してもらうための相談相手

はじめて保険相談に行く際には、かなり緊張感を持っていくことになるかもしれません。 特に、保険を最適な状態に保つ、あるいはこれから新規で保険商品を購入することになる場合、保険のプロに相談することでさまざまなアドバイスやサポートを得ることができるのですが、より正確な情報に基づいて判断してもらおうと思った場合、必然的に多くの個人的な情報についてお伝えする必要が生じてきます。


その中には家計の収入の状態や、貯蓄の額など、だれにでも話すわけではないような事柄が関係してきます。 そのため、まずは保険相談をするにあたって、大前提として信頼のおける人に相談をする必要があります。 いまちまたには多くの窓口が存在していて、その中には気軽に無料で何度でも相談することのできる場所もあります。


その一方で、相談料が発生する独立系のファイナンシャルプランナーなどを選んで相談することに意義を感じる方たちもおられます。 どのような方法が正しいのか、そこには正解がありません。 自分にとって望ましいと思える方法を選択して、そしてリスクにしっかりと備えておける状態を作り上げていくことができます。


場合によっては、保険商品を選ぶという点では選択の幅が狭まってしまうものの、特定の保険会社のライフプランナーに相談をすることによって、ライフステージごとに自分の状況をよく知っている人に相談を持ちかけることで、安心して保険選びをすることができると感じる方もおられるようです。


特に、個人にとって最適な保険商品を選ぶためには、さまざまな角度から状況を分析してよりマッチしたものを選ぶ必要があります。 そのためには、保険の相談を受ける側には綿密な情報収集の時間が必要になります。


相談者の状況について多くの時間をヒアリングに充てることではじめて、その方にとって最適と思える保険のいくつかをご紹介することができるわけです。


それぞれの保険の相談方法には、それぞれの利点やそうではない面が存在します。 自分が一番納得のできる状態で保険に加入できるように、ふさわしい方法を選んでください。

オーダーメードの保険は割高?

保険に本当に加入するかどうかわからないのに、多くの時間をかけてもらって保険相談をするのはなんとなく申し訳ないと思ってしまう方も多いと思います。


しかし、人生のリスクを回避する点で大きな役割を果たしてくれる保険ですが、その分だけ毎月の保険料など、経済活動にも大きな影響を与えます。


ぜひとも慎重かつふさわしい時期にふさわしい決定をするためにも、遠慮することなく保険の相談をするようになさってください。 相談する相手によって、無料の場合もあれば相談自体に相談料が必要となる場合もあります。


特定の保険会社に好意を持っていて、その会社が販売している保険商品の中から選ぶことに決めている場合には、その会社で専属のファイナンシャルプランナーとして活動している人に無料で相談することができます。


そのような場合には手厚い待遇を受けることができます。 もちろん、必ず最終的には保険に加入しなければならないというわけではありません。 まずは話を聞いてみなければ、判断するための材料が何もないことになってしまいます。


会社の方針にもよりますが、保険相談は自分が希望する場所で行うことができます。 自宅が都合の良い場所であれば訪問してもらえます。 あるいは会社に来てもらうこともできれば、カフェなどの場所で相談することもできます。


本当に優秀なファイナンシャルプランナーであれば、自分の考えで決定を促すのではなく、相談者の状況をできるかぎり正確に把握するための多くの時間をヒアリングにかけます。


特定の保険会社では自分に最適のものを選ぶことができないのではないかと考える人もいると思います。 しかしながら、保険会社によっては専門のプランナーがオーダーメードの保険をつくってくれます。 オーダーメードだからといって保険料がかなり割高になるというわけではありません。


自分にとって本当に必要な保障の組み合わせになりますから、不要な部分にお金を支払う必要は一切なく、そのためにかえって割安感があると思います。 まずは相談をしてみなければ、本当の意味で自分の必要としているものを知ることができません。

サブコンテンツ

保険相談ショップランキング

  • 保険マンモス

    信頼のおけるFPに相談すれば保険料が390万円も安くなる!お客様満足度95%以上!

  • ほけんの窓口

    a a

    全国店舗数500店舗以上!約35社の保険商品の中から最適なプランを提案!保険相談は何度でも無料です。

  • みつばちほけん

    a

    全国180店舗で保険相談!みっつのアドバイスでばっちりと!何度でも無料です。


このページの先頭へ